バッテリーマネージメントシステム(BMS)"/

バッテリーマネージメントシステム(BMS)

品番 価格
力高 バッテリーマネージメントシステム リチウム電池25~36個対応セット  ¥277,480
力高 バッテリーマネージメントシステム リチウム電池37~48個対応セット  ¥313,030
BMU(温度・電圧計測モジュール/リチウム電池12個対応)1台追加  ¥46,560
Battery Management System(BMS)
バッテリーマネージメントシステムは、リアルタイムにリチウムバッテリーの総電圧及び残容量等を表示し入出力電流・各セルの電圧や温度などをモニタし、バッテリーを管理するシステムです。
過放電及び過充電に対する警告や専用充電器の制御を行います。

【充電】
充電時は、直列に接続された各バッテリーの電圧を監視してBMSに設定された上限電圧値まで上昇すると充電器と通信を行い充電を停止させます。また、BMSに設定された復帰電圧値まで下降すると再度充電器と通信を行い充電を開始します。
この動作を複数回行う事でバッテリーの電圧を均等化する事ができます。
電圧・電流・温度の異常時には安全に充電を停止する事が可能です

*専用充電器やBMSを用いないで充電する場合では、バッテリー仕様の充電電圧×個数の電圧で充電すると各バッテリーが不均一の場合には、急激に電圧上昇する物や中々電圧が上がらない物も含まれている状況では最悪の場合爆発事故に繋がる要因となり大変危険です
事故を未然に防ぐ為にはBMSと専用充電器が必要不可欠です。

【放電】
放電時は、直列に接続された各バッテリーの電圧を監視してBMSに設定された下限電圧値まで下降するとタッチパネルディスプレイに表示され、アラームブザーが鳴動しバッテリーの過放電状態を警告します。
また、BMSに設定された復帰電圧値まで上昇するとアラームがリセットされます。放電の状況を把握する事によりリチウムバッテリーを効率良く利用し、ライフサイクルを延ばす事も可能となります。

*放電の状況が把握できない状態でリチウムバッテリーを利用すると、
過放電が判らない為に、カットオフ電圧以下まで放電し続ける状態を繰返すとバッテリーの故障やライフサイクルが極端に低下します。
page top